2018/07/11 Augur週次報告

原文:Augur Weekly Update — July 11th

※以下の内容は上記原文の日本語訳です。

ご存知の通り、大忙しの48時間でした。たくさんの良い発見と、もちろんボトルネックもあります。最も重要なことはAugurプロトコルがEthereumメインネットで稼働しているということです。

まずは良かった点:Augurは今現在利用されており、REPの移行も成功しました!新REPコントラクトは以下で確認できます。
REP Token: 0x1985365e9f78359a9B6AD760e32412f4a445E862

もし使用しているサービスで新REPコントラクトが反映されていなければ、そのサービスプロバイダーに連絡を取ってください。

300以上のアドレスの作成され、200近くのマーケットで1350ETH(60万USD)以上のトレードが行われ、未決済建玉は250ETH(10万USD)以上でした。

問題と不具合の修正
そして悪い点:確実にいくつかのバグがあります。コミュニティからの不具合報告は受け取っています。初日のEthereumとの相互作用に関するユーザーエクスペリエンスは、決して良かったとは言えません。

報告された問題や不具合の中でコアとなるテーマのものがいくつかあります。UXに関して、共同創設者Joey Krugは、報告された問題の多くは、メインネットにデプロイしなくては分からない類のものだったという趣旨の投稿を行いました。

デプロイ初日に報告された問題は、明らかにEthereumメインネットに初めて接続したことに起因するものでした。Augurのミドルウェアは、Infuraのロードバランシングの扱い方の問題で、トランザクションの再送信を引き起こしていました(この問題はメインネットのノードに接続した場合のみ発生)。インターフェースに混乱があり、多くのアクションをどのように実行すべきか、そして同期の問題は多くの新しいユーザーを悩ませました。

幸運なことに、多くの問題の原因の根源は既知のものでした。更新、修正、そして改善は継続して行われています。

Augurでのソフトウェア開発者のサポートと作業は、コミュニティがその問題と詳細をGitHubのイシューとして伝えるか、あるいはDiscordの#issuesで伝えるかにかかっています。

Augur App v1.0.2
新しいリリースでは、前述の問題のいくつかに既に対処しています。更新と修正は、準備が整い順次提供します。

Discordではユーザーと議論の数が驚くほど増えています。問題などを報告したいユーザーは、適切なGithubリポジトリまたはDiscordの#issuesチャンネルで提出することをおすすめします。

発見された問題の診断、助言、そして分類を行ってくれたコミュニティメンバーに感謝します。近日中に、二名のコミュニティメンバーが24時間体制でコミュニティーをサポートするためにDiscordのモデレーターとなる予定です。

コミュニティプロジェクト
ローンチから数分も経たないうちに、コミュニティメンバーである@ryanbがpredictions.globalを公開して周りを驚かせました。このウェブサイトには誰でもアクセス可能で、Augur上に作成された多数のマーケットや、未決済建玉、そしてマーケットの確率を見ることができます。

また、dAppRadarではAugurの利用状況を確認できます。

Forecast Fundationはマーケットの作成、マーケットへの参加、Augurプロトコルへのアクションは行いません。つまり、Augurプロトコルの使い方を助言するつもりはありません。コミュニティ内の人々に、Augurをしっかりと理解し、最善のアイデアをより大きなコミュニティで共有することを望んでいます。 Forecast Foundationの役割に関する詳細については、FAQをチェックしてください。

Forecast Foundationは今まで辛抱強く我慢し、サポートし、フィードバックをくれたあなた達にとても感謝しています。腰を据えて待っていてください、さらなるリリースがもうすぐ行われます。Twitterの@AugurProjectをフォローして、Augur Appのリリースに関する最新情報を入手してください。