2018/05/16 Augur週次開発状況(デプロイ詳細とREP移行)

原文:Augur Weekly Development Update — May 16th

※以下の内容は上記原文の日本語訳です。

Augurのデプロイに関してチーム内でのタイムラインは固まっており、いくつかの詳細をシェアする準備が整いました。Augurがデプロイされると、現在のREPトークンは、Augurのジェネシスユニバースが存在する新しいREPトークンコントラクトに移行しなくてはりません。この処理は以前にSerpentの脆弱性を発見してREPを移行した時と似たものになるでしょう。ただし、今回は前回よりも良い状況で実施することができそうです!

AugurのコントラクトはEthereumのメインネットにデプロイされ、REPの移行は2018年7月9日18時1分(UTC)(訳注:日本時間で2018年7月10日午前3時1分)に開始される予定です。

2018年7月9日18時1分(UTC)に現在のREPトークンコントラクトは無期限に凍結され、REPの移行が自動実行される予定です。あなたが、REPをただ保有しているだけのユーザー、集権型取引所を利用するユーザー、非保管型(訳注:REPを取引所のコントラクトに預けないタイプ、という意味だと思います)の分散型取引所を利用するユーザー、のいずれかであればこの移行で何もする必要はありません

ただし、EtherDelta / ForkDelta、IDEX、OasisDEXなどの保管型の分散型取引所を利用するユーザーは、REPが適切に移行されるように、2018年7月9日より前に取引所のコントラクトから必ずREPを引き出しておいてください。

ParadexRadarRelay、および他の0x Relayers等の非保管型分散型取引所や、Bittrex、Poloniex、およびKraken等の集権型取引所を利用するユーザーは何もする必要はありません。また、個々のREPトークン保有者も何もする必要はありません。REPの移行が完了すればREPの残高は移行前の状態とまったく同じになります。 すべて順調にいけば、移行は数時間で終わります。

新しいREPコントラクトへの移行後は、REPを取り扱うすべてのサービスはコントラクトアドレスを更新する必要があります。Augurがデプロイされ、REPの残高が正常に移行されると、AugurはEthereumのメインネットで使用可能となります。

デプロイ手順とREP移行に関する詳細は今後数週間内にリリース予定です。私たちは現在もUIのストレステスト、バグ出し、Augurの脆弱性を見つけてくれる人を募集中です。フィードバックがあれば、Discordか、bounty@augur.net までご連絡ください。

今週の金曜の午後2時(PST)にGitcoin Community Call Live Streamで、AugurのUIとそのすべての機能のデモンストレーションを行います。デモを見たい方は是非ご覧ください!

Augurの開発履歴の要約として、以下のJoeyのTwitterスレッドを読むことを強くお勧めします。

Augurのバグバウンティプログラムでは、バグ報告を随時受付中です。dev.augur.netでのテスト、Githubの確認、そしてフィードバックをお願いします!

Discordで我々と一緒にチャットし、Twitterで最新状況をフォローしてください。開発進捗はGithubかDiscordの#devチャンネルで確認できます。