2018/04/11 Augur週次開発状況

原文:Augur Weekly Development Update — April 11th

※以下の内容は上記原文の日本語訳です。

バウンティプログラム

先週、報酬金が最大27,000ドルのバグバウンティプログラムが公開されました。全ての関係者はAugurのコントラクトとJavascript APIに目を通すことをお勧めします。バグバウンティプログラムの範囲外のバグは報酬金の対象外ですが、報告はどんなものでも嬉しいです。お願いですから私たちのウェブサイトは攻撃しないでくださいね 😃

コントラクトとRinkeby上のUI

AugurのコントラクトはRinkebyに導入されており、完全に機能しています。インターフェースは test.augur.net と dev.augur.net のどちらでも利用可能です。トレードとマーケット作成時に必要となるRinkebyのETHは、こちらで入手可能です。また、レポーティングに参加するためのテスト用REPは、テストサイトのアカウントページで入手できます。

フィードバック、バグ、問題点があればDiscordの#uiチャンネルか、bounty@augur.netへご報告ください。

残りの作業について

チーム内部で使用しているプロジェクト管理ボードの内容は次の通りです。UI画面は~80%-85%完了、トレーディングは~90%完了、デプロイ作業が~80%-85%完了、Augur Nodeが85%完了、その他完全デプロイのための雑多なタスクが~85%完了。管理ボードのバーンダウンチャート(訳注:縦軸を作業量、横軸を時間とし、残作業量をグラフ化したもの)から、これら全ての作業は現在から三週間かかると見積もりました。

これはAugurが5月初旬にデプロイされているということでしょうか?!??

答えはNOです。しかし、我々は現在この管理ボードにあるすべての作業をこの頃に完了させるつもりでいます。全てのコードが完成してもなお、予期していないことが起きる可能性は十分にあります。この見積もりはClubhouse(訳注:Augurチームが使用しているプライベートなプロジェクト管理ツール)の内部ポイントシステムで作成したものに過ぎません。

しかし、Augurの透明性のために、我々が現在認識している状況と行われている作業を共有したいのです。前述の日付が、決定的・具体的な完成日とは解釈しないでください。我々はこの管理ボードを読み取り専用で部外者にアクセスさせるか、それとも次回の週次報告でバーンダウンレポートを公開するのみに留めるか検討しているところです。

また、これら全てもバグバウンティの対象であり、メインネットにデプロイする前に、クリティカルなバグの検出が無い状態で少なくとも一か月(理想的には4~6週)はバグバウンティプログラムを実施したいと考えています。

雑報

ここ数日、チームは現地で一緒に作業を行いました。新しいAugurのランディングページをリリースしました。Matt Bullockがシニアプロダクトデザイナーとして加入しており、Phoebe Mirmanはフロントエンドエンジニアとして来週から加わる予定です。新しいウェブサイトではメンバー紹介を最新化しています。

Twitterでの詐欺が蔓延しています。ソーシャルメディアで不審な宣伝を行っている人には暗号通貨を送信しないでください。

Augurプロジェクトへのご支援、忍耐、献身に感謝します。テストネットワーク上でAugurを使用して準備することができます。Discordで私たちとチャットをしたり、Twitterで最新のアップデートを確認できます。GithubやDiscordの#devチャンネルでも開発進捗状況がわかるのでフォローしてみてください。